クリーニングをしてもらおう

近所で歯医者を探しておこう

信頼できる歯医者を見つけて、定期的に通ってください。
病気になっていなくても検診を受けられるので、その時に歯周病になっていないか、口内に汚れが溜まっていないかチェックしてもらいましょう。
歯周病になっていても、早期発見と早期治療ができれば悪化せず、短時間で治せます。
気づくのが遅れると、歯を失ってしまうリスクがあるので気を付けてください。

また口内環境を見ただけで医師は、普段はどのような歯磨きをしているのかわかります。
気になる点があればアドバイスしてもらえるので、普段行っている歯磨きを説明してください。
間違っていると言われたら、正しい方法を聞いて改善しましょう。
検診は最低でも、3か月に1回のペースで訪れてください。

こびりついた汚れを落とそう

歯にこびりついた汚れは、歯ブラシでは落とせません。
歯医者に行って、専用の機器を使ってクリーニングをしてもらってください。
歯ブラシでは取り除けない汚れを一掃でき、口内環境が綺麗になります。
最近では、フッ素を仕上げに塗る歯医者が増えています。
フッ素は歯を強化したり汚れがつきにくくなったりする能力があるので、歯周病だけでなく、虫歯の予防にも効果を発揮します。

フッ素が含まれる歯磨き粉やマウスウォッシュがありますが、それよりも歯医者で直接歯に塗った方が高い効果を得られます。
フッ素を塗ったら1時間は飲食をしないことと、強く歯ブラシで擦らないことを守ってください。
約束を守らないと、すぐにフッ素が剥がれてしまいます。


PAGE TOP