歯周病を防ぐため汚れを溜め込まないようにしよう

常に綺麗な環境にしよう

口内が汚れると、歯周病菌が繁殖します。
汚れを残さないことが、歯周病の予防に繋がると覚えておきましょう。
基本は、食事の後に歯を磨くことです。
外食をしていて歯を磨けない状況下ではどうしたらいいのでしょう。
口をゆすぐだけでも何とかしたいものです。
口をゆすぐときはお茶を活用するのがおすすめです。
お茶は殺菌効果を期待でき、口内環境を綺麗に整えることができます。

できるなら間食後も歯を磨きましょう。
特に甘いジュースを飲んだ後やお菓子を食べた後は、汚れが溜まりやすいです。
歯磨きを習慣にできるよう、間食は1日1回だけと決めましょう。
1日に何回も間食があると、歯磨きが追い付きません。
次第に面倒になり、歯を磨く習慣がなくなってしまいます。

歯ブラシだけでは効果が小さい

まずは歯ブラシで、口内の大体の汚れを落としてください。
次に、歯ブラシに加えて歯間ブラシや糸ようじを使いましょう。
歯間ブラシや糸ようじは歯と歯の間など、細かい隙間の汚れを落とすことに特化しています。
歯ブラシだけではどうしても汚れを完全に落とせないので、歯間ブラシなどの道具も使いましょう。
糸ようじは、ホルダータイプであれば初心者でも使いやすいと思います。

最後は、マウスウォッシュで口をゆすいでください。
口内を殺菌でき、歯周病菌の繁殖を抑えられます。
刺激が苦手な人は、低刺激タイプのマウスウォッシュを選択してください。
低刺激タイプでも効果は変わらず、口内環境を整えられます。
特に細菌が繁殖しやすい夜は、このような道具を活用しましょう。


PAGE TOP